夏バテのサプリ【にんにく卵黄でスタミナアップ】

梅雨が明ければいよいよ夏本番!!! 夏といえばビールのおいしい季節ですし、BBQなどのイベントも盛りだくさんですよね♪しかしギラギラ照りつける太陽にしだいに夏バテになる人も多いはず。。。。 夏バテと一言で言っても症状は人それぞれですが、代表的なものをあげると食欲がない・全身の疲労・倦怠感・だるさといったところではないかと思います。 また、なんとなく元気がない、やる気がおきない、無気力、イライラ、何かと神経質になったりと、神経的な側面の夏バテ症状もあります。 めまい、立ちくらみ、ふらつき、身体の不安定感も、夏バテに多く見られる症状です。 もちろん、下痢、便秘、軽い腹痛などの消化器系の症状も夏バテによくみられます。夏風邪と区別がむずかしい、熱っぽさや寒気、頭痛といった風邪のような症状も見逃せません。人によっては動悸、息切れ、むくみを伴う夏バテの症状もあります。 なぜ夏バテは起こるのでしょうか? 暑いと胃の消化機能が低下してしまい、栄養の吸収が悪くなり、食欲不振を起こしてしまいます。栄養の吸収が悪くなると、ビタミン、ミネラル、たんぱく質といった、身体に必要な栄養素が不足し、夏バテ特有の症状が出やすくなります。 また、暑いからといって冷たい飲み物をとりすぎると、胃腸が冷えてしまい、胃の働きが低下し、さらに食欲がなくなってしまいます。 日本の夏の特徴ともいうべき高温・多湿が原因の一つだとおもわれます。 人間の体温は36~37度のときが一番スムーズに活動すると言われています。高温多湿の地域では、湿度が邪魔をして汗を蒸発させることによる熱放出ができにくいので、体温を一定に保つのに、相当量のエネルギーを要するため、身体の機能ににかなりの負担がかかってしまうのです。また汗は水分と一緒にミネラル分も体外へ排出してしまうため、身体に必要なミネラル分も大量に失われてしまいます。すると身体は、脱水症状をおこすなど、体調に異常を発生させてしまいます。高温多湿の夏場は、このような無理が続いてしまいと、身体が対応しきれなくなって、夏バテの症状がでてきてしまうのです。 さらに、暑さだけではなく室内外の温度の差にも原因があります。室内外温度差が5度より大きくなると、人間の自律神経による体温調節機能が対応しきれなくなり、自律神経が乱れて体温調節が難しい状態になってしまいます。クーラーの効いている部屋と暑い屋外とを何度も行き来する、営業マンや外回りの会社員には本当に大変な季節といえますよね。 夏バテの解消にはにんにく卵黄が効果を期待できます!